産業廃棄物処理を考える|コスト削減を計る機械の導入

廃棄物処理の工夫

工場

産業廃棄物処理に困った場合、排出した業者は各業者で産業廃棄物処理を行なわなければなりません。そのため、出来るかぎり産業廃棄物を出さないように工夫する必要があるのです。建設会社などでは残土の処分などをも自分たちで行なわなければなりません。しかし、企業で行なう場合、小さな会社だと費用がかかりすぎてしまうだけでなく、処理が不可能な廃棄物を排出してしまったら廃棄物処理を専門に行なっている処理業者に委託しなければなりません。ですが、委託をお願いするのにも莫大な費用が必要になってしまうのでコストを抑えるためには廃棄物を排出しないという手段がもっとも手っ取り早いのです。産業廃棄物を排出しないための方法は数多くあるのでまずはその方法をチェックしてみましょう。

建築関係の場合は様々な工夫で産業廃棄物の排出を最小減に抑える事が可能となっています。例えば、利用する重機を廃棄物の発生が少ないタイプの機械に変えたり、環境リサイクル機械を導入したりする事で廃棄物のリサイクルを行ない、廃棄する量を大幅に減らせるのです。このような機械から変える場合はお金がかかってしまいますが、その分処理する量が少なくなる事を考えると大きな問題にはなりません。また、建設機械や環境リサイクル機械は新品での購入だけでなくレンタルや中古での購入が可能なので安く導入する方法を考えてみると良いでしょう。ちょっとした工夫でも大幅に負担を軽減する事が出来るので常に処理方法や廃棄物を出さないための工夫を行なっていきましょう。

選別作業が大切

工場

産業廃棄物処理は手間がかかります。とくに手間がかかってしまうのが産廃選別です。廃棄するしかない廃棄物の中にはリサイクル資源として活用出来るものや有価物などが紛れている場合があるので手間を惜しまないで選別しましょう。

More Detail

機械の導入でスムーズ

工事現場

最近では多くのガレキが排出されているので、工事現場ではガレキ選別をスムーズに行なうための工夫がなされるようになりました。スムーズに選別を行なうためには選別と粉砕を同時に行なえる機械の導入がとても重要です。

More Detail

中間処理工程をチェック

2人の作業員

プラスチックなどは産廃製品として扱われる事が多く、処理を行なう際には細かく分類分けされてから破砕処理などの中間処理を行なってから最終的な処理が行なわれます。中間処理を自社で行なう方法と他社に依頼する方法があります。

More Detail