産業廃棄物処理を考える|コスト削減を計る機械の導入

機械の導入でスムーズ

工事現場

震災や施設などを取り壊した際に発生するガレキですが、このガレキは様々な素材が混ざっています。それゆえにそのままの状態で処分するのは難しくなってしまいます。なぜならガレキ選別を行なわずに処理を行なうと不法投棄となりそれを行なった業者がペナルティを受ける事になるからです。基本的にこのガレキ選別では指定された廃棄場所に持っていきやすいように素材や分類ごとに分ける必要があり、その作業を行なう場合、人件費などがかかる非常に手間のかかる作業となっています。

この選別は人の正確な分別も必要ですが、ガレキの量が多いといつまでたっても選別が終わらないので、大まかな分類を機械などに任せます。また、廃棄する際には廃棄可能な大きさなども決められているのでそれを分別と同時に大きなガレキを粉砕してくれるような機械もあるのでとても便利です。このような選別の際に使用する機械はレンタルサービスなどもあるのでコストを抑えられる利用方法を模索してから導入しましょう。レンタルサービスを利用する場合は複数のサービス業者の保証や価格などをしっかりと比較した上で最もニーズと合う業者のサービスを利用するとレンタルした後も維持コストに悩む事なく機械を利用する事が出来ます。ガレキ選別は大変な作業ですが、性能の良い機械を導入するjことが出来れば一気に作業環境の改善がなされるのでガレキ選別が必要な現場に導入して人件費の削減や作業時間の短縮を図っていきましょう。