産業廃棄物処理を考える|コスト削減を計る機械の導入

中間処理工程をチェック

2人の作業員

産業廃棄物はサイズを小さくする事でリサイクルや産廃処理工程を規格内に収められるようになります。産廃製品は意外にも利用価値があるので情報があるので、その利用価値や処理工程を短縮するための方法をしっかりと考えていきましょう。産業廃棄物を処理する際には最終的な処理工程に入る前に処理をしやすくなるように中間処理の工程があります。中間処理を行なう工程では廃棄物の破砕処理などを行なっていきます。この破砕の工程では様々な廃棄物を処理していくため、種類別に細かく分類してから処理を行なわなければなりません。とくに、プラスチックなどはお菓子の包装などで利用される軟質プラスチックと化粧品の容器やパソコンのボディなどに使用されている硬質プラスチックに分ける必要があります。また、産廃製品の種類に合わせた処理方法を行なうため、処理を行なう際には専用の機械を導入しなければならないのです。また、パソコンなどの産廃物を処理する際にはパソコン内に情報が入っている可能性もあるのでその情報管理などをしっかりと行なう必要があります。情報を扱う場合は情報管理などの規格などを別で取得しなければならないので、企業の信用を得るためには必要な規格なので自社内で処理を行なう場合は規格取得を行なっておきましょう。自社で処理を行なう場合、規格の取得、機械の導入メリットや費用などをしっかり考えてから導入しないと後々処理が難しくなってしまう可能性があるので破砕などの中間処理の工程なども他社に委託するなどの選択肢もあります。しかし、処理を委託した業者が利用価値のある産廃製品を転売または横流し対応などを行なっていないかの確認や破砕処理を行なった上で委託するなどの工夫を行なう必要がある事を認識しておきましょう。